未来の医療ってどんな感じ?

Light body

こんにちは。YUKIです。

ここ数年、まわりで大病をする人や動物が増えている感じがします。
とくにガン。

背景に何かあると思うから、これから研究していこうと思う。
心と体の関係性もそうなんだけど、もっと大きな枠組みで、社会的だったり環境的な要因がある気がするから。

そして私に少しでもできることはないのか模索中なんだけど、未来の医療ってどんな感じだろうとふと思った。

地球ではアロパシー(西洋医学・対処医学)が主流だけど、
なんか個人的に、薬や手術とかで体に無理させているようでしっくりこない(^^;)

もちろんアロパシーも必要だと感じてる。
やっぱり検査技術はアロパシーに勝るものはないんじゃないかな。

私たちの体は、私たちが思っている以上にすごいメカニズムを持ってる。
心臓って何もしてないのに何で動き続けられるの?って思ったら、体の奇跡というか神秘性を感じる。

一つ一つの細胞にも意識がある。
細胞は100%無条件の愛で私たち一人一人のために働いてくれている。
細胞たちは、お金を貰って働いているわけじゃないし、何か見返りを求めているわけじゃない。

だけど私たちが愛することで、彼らがどう感じるかは想像がつくと思う。

病気は私たちへの罰じゃない。
苦しいし、辛いし、はやく良くなりたいし、なぜ私が?って思うかもしれない。
でも必ず愛あるメッセージがそこにはある。

Singing bowl


プレアデスから受け取ったのは、未来の医療は主に音と光を使うということ。

周波数の乱れを音と光で調整するということらしい。

音は何となく理解できた。
音を使って、周波数が乱れているところを、正常の周波数へと調整する。

光に関しては、レーザーみたいなもの?って聞いたら、組織に傷をつけるようなレーザーではないと返ってきた。
未来の医療はどれもノンインベイシブ(非侵襲的)だと。
光にも周波数があって、光を照射することで周波数を整えることができるらしい。

「調整する」とか「整える」という言葉が多く出てきて、
波動や周波数を使って、無理やり強要したりする医学ではないという感じがした。

多分、波動医学のことなんだと思う。
まだまだ波動に関しては理解が広まっていない。
波動が全てなのに。

波動という言葉が当たり前になった時、医学だけじゃなくて、全てが大きく一歩進歩するような気がするな~。

↓クリックお願いします。励みになります(^^)/


自己啓発ランキング
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

オーストラリア・シドニー在住のアニマルコミュニケーター、チャネラー、レイキマスター。人と動物の絆をより深めるためのアニマルコミュニケーション、ハイヤーセルフとつながるチャネリングセッション、魂・心・体に働きかけるレイキヒーリングにおいて活動を行っている。

コメント

コメントする

目次
閉じる